乱菊<赤紫> - らんぎく -

メインイメージ

日本では古くから高貴で長命な花として身近にあった菊。明治生まれの創業者が生きた時代のモダンをイメージして、大正時代の銘仙のように、鮮やかな色で塗りあげました。錆びで表現した梨地の背景は、大ぶりな菊の鮮烈な彩色もぐっと深く重厚な印象に導きます。

この柄の色違い

色違いイメージ

乱菊<青紫>

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

20