アーティスト高橋信雅の文庫革

文庫屋「大関」銀座店が「銀座もの繋ぎプロジェクト」に参加した時のご縁から実現したコラボレーションです。

高橋 信雅 / Nobumasa Takahashi

桑沢デザイン研究所卒業。
東京と鬼ヶ島を拠点に国内外で活動しているアーティスト。
線描による表現は、日本では「洋」を海外では「和」を感じさせる独自の世界観を生み出している。
絵の具の定義や、生体反応を活用した作品を制作、立証実験を行っている。美術館や商業施設の壁画制作、グッズや商業デザインまで、様々なジャンルで作品を発表。代表作でもある「ジャパニーズグラフィティシリーズ」は漫画や日本の伝統的な手法も取り込み、マイクロソフト、コンバース、ワコールなど企業とのコラボレーションも行なっている。
アメリカ「ART SPACE TOKYO」共著(CLASSIC series 2008年)、シドニー オペラハウス 「SYDNEY FESTIVAL 2018」ライブパフォーマンス(「JOIN THE DOTS」2018年)、東京 「ハイアットセントリック 銀座 東京」全164室の壁面、客室エレベーター2基 キービジュアル(JAPANESE GRAFFITI series「GINZA」2018年)など。
2020年、コロナ禍で発足した「銀座もの繋ぎプロジェクト」に賛同し、同プロジェクトに銀座の絵を無償で提供。ロゴ、グッズやウェブサイトの制作なども行っている。

こちらの商品は、アーティスト高橋信雅さんと文庫屋「大関」のコラボレーション商品です。
文庫屋「大関」での販売は、銀座店、ネットショップのみで7月末までの期間限定となります。
※浅草店、東京ソラマチ店には在庫をご用意しておりません。
文庫屋「大関」ネット会員様特典の5%OFFの対象外となりますのであらかじめご了承ください。

販売期間: 2022年4月6日(水)夜7時〜7月末日(日)まで


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8