文庫革作りの仲間たち
文庫革作りの仲間たち


「牛革だから丈夫よね?」そう思いがちな「牛革」ですが、元々は牛の皮膚です。
現在、文庫屋「大関」には、たくさんの職人たちがコツコツ仕事をしています。

その中には、在宅で彩色専門の職人をしている、工房を独立していった人たちもいます。

また工房では、彩色だけでなく錆入れや仕上げの作業もしている職人たちもいます。

型押しをしている職人もいますし、その革を裁断している人もいます。

たくさんの職人たちが、効率よく仕事ができるようにスケジュールを立てている職人もいます。

出来上がった商品の検品をしている人もいれば、ホームページを編集している人もいます。

ネットから注文してくれるお客様の対応をしている人もいれば、店舗で販売している人もいます。

新しい商品を考えたり、新しい柄をデザインしている人もいます。

配色を考えたり、販売の方法を考えたりしている人もいます。

裁断職人

お財布作りのスタート! 革の裁断職人





文庫屋「大関」で仕事をしている人は、すべて正社員です。

派遣もいなければバイトもいません。

私たちと一緒にコツコツ仕事をしてみませんか?

興味のある人はこちらへ!

  
 
職人と弟子

熟練の型押し職人と弟子

  
 
彩色

私達が塗っています♪

  
 
錆入れ

彩色職人が『錆入れ』をしています



  
 
仕上げ

革の仕上げも彩色チームのお仕事です

  
 
検品

検品で売り場と工房を繋ぎます!

  
 
ネット

ホームページを作っているのが僕です

  
 
ネット

ネットの受注・発送・撮影をやってます

  
 
浅草店

浅草店でお待ちしています!

  
 
ネット

銀座店でお待ちしていまーす!





↑ページの一番上に戻る