風神雷神 - ふうじんらいじん -

メインイメージ

古来から、風が吹き雷が轟くのは天と地の間に、空を駆け巡るこの2神がいるのだと人々は信じ、自然を司る神として世界中の各所で描かれてきました。浅草の雷門は正式には風雷神門と呼ばれ、この2体の彫刻が門の左右に納められているのをご存知ですか?琳派の祖、俵屋宗達が描いた風神雷神は尾形光琳をはじめ日本の画家たちの憧れのデザインとして学びの中で模写され続けてきました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8