荒井宿 - あらいじゅく -

メインイメージ

荒井宿  東海道五拾三次
浜名湖の舟渡しの風景です。遠くに見える向こう岸には関所が待っています。 ふき流しをはためかせ、二本の毛槍を高々と飾り立てた船は大名の一行で、手前の後に続くのは
お供の船です。大関版の面白いところは、広重画には無い、左に見える富士山と帆船、水面の波。波のうねりを細かく彫刻した版は、文庫革でしか表現しえない見応えです。
長旅の公務にあきあきしたような、大あくびの中間さんの表情までも、型押しと錆で表現されていて、細部まで見入ってしまう出来栄えです。(静岡県浜名郡新井町)

※こちらの「浮世絵柄」は、お作りできるアイテムが限られています。通常のアイテムと価格も異なりますので、詳しくはお問合せください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0