雁<赤> - かり -

メインイメージ

雁は、昔から武門の吉兆の鳥としてもてはやされ、戦国時代の柴田勝家や真田家の家紋にも使われているほどです。集団で列を成し遠方から戻り帰る様を援軍に見立てた縁起担ぎと思われますが、その集団で飛ぶ姿が意匠としても美しく数多くの模様として、現代でも用いられています。その他の鳥の柄は、花鳥枝垂れ花鳥鸚鵡福良雀などです。

この柄の色違い

色違いイメージ

雁<茶>

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

18