三条大橋 - さんじょうおおはし -

文庫屋「大関」

三条大橋  東海道五拾三次
日本橋で始まる東海道五十三次は、この三条大橋で終点です。西の起点ともいえます。東山を背景に、清らかに速く流れる鴨川の流れを感じさせる大関春子の筆使いが見応えです。
対岸には、清水寺と法観寺の五重塔(八坂の塔)が見えます。大関版の見どころは、清水寺と五重塔の位置が、広重の版画と逆である事…。
広重画では、清水寺の右側に五重塔が配されています。文献によるとアレンジ好きな広重でも、有名寺院の位置は正しく描いたという事ですが、地図だけをみて想像してしまうと 大関版の位置関係が正しい物に見えてしまいます。これは、卯三郎アレンジだったのでしょうか?京都にお住まいの方は、実証できましたらお知らせください。(京都市中京区)

※こちらの「浮世絵柄」は、お作りできるアイテムが限られています。通常のアイテムと価格も異なりますので、詳しくはお問合せください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0